TaneKozi の えっ?日記

<<前のページ | 次のページ>>
2012年9月30日(日)
また科学工場の爆発事故で通報の遅れ

 昨日の兵庫県姫路市の化学品製造工場でタンクが爆発した事故で、結局、消防隊員一人
が死亡した。従業員や警察官など合わせて35人も重軽傷を負っているとか。
 えっ!また…また消防への通報の遅れかぁ。爆発の1時間半前の午後1時頃にタンクか
ら白い蒸気が上がっていることを確認。だが、それからおよそ40分間、現場の従業員だけ
でタンクに水をかけるなどして、消防署への通報が遅れたという。
 会社はタンクの異常を確認してからの初動対応に遅れがあったことを認めたというが、
その場の従業員も2人3人ではなかろう。誰かが消防に通報してもよかろう。どこか甘い
よ。化学工場の爆発事故は久々ではなく、つい最近も山口県で起きたばかりだ。
 大きな火災ではないが、14歳くらいの頃に山火事を消したことを思い出す。
///犬を連れて一人でよく近くの山に行っていた。ある日、煙が立ち、バチバチとはじ
ける音に出くわせた。異常に気付いて近づくと、男の人が木に燃え移った火を必死で葉の
多い木の枝で叩いていた。私にその枝を渡して「ぼく、これで火を叩いてくれ」と懇願し
た。火事だとすぐ分かったが、火を消すのは水をかけることくらいしか知らない。火を枝
の葉っぱで叩くなんてと思うが、言われる通りにすると、意外なほど火は消えた。二人は
必死で叩き続け、犬は逃げ出しもせず私の傍にいた。やがて火は消え、見ると男の人は頭
の毛がちりぢりに焼けていた。自分も頭に手をやると、焼けているのがわかった。///
大人になって「あれはよほど運が良かった」と思った。大火事にならなかったのは、風が
少なかったこと、子供とはいえ私が火消しに加わったこと。だが運だけでなく、その人が
智恵や知識を持っていたことだ。犬が誰かに通報に行ってくれればなお良かったのだが。

2012年10月1日(月)
殺人で、遺体を「カレーで煮た」と供述 

 先週の金曜日、元甲子園球児の男ら3人が知り合いの男性を殺害し、遺体をバラバラに
して捨てたとして逮捕された事件で、男らが遺体を「カレーで煮た」と供述したという。
 えー!また食べたの? 少し前の人肉を食った事件が頭をよぎったので思わずそう思っ
たが、食べたわけではなかった。そりゃそうだろう。それにしてもカレーで煮たというの
はどういうことだ?
 かつて春のセンバツ甲子園で強豪高で活躍した名選手だった島岡某が、成れの果てとい
うか、17年後には知人を殺したという。被害者は投資話に出資した飲食店経営の友人で、
返済のトラブルから島岡が他の仲間と共謀して殺害し、遺体をバラバラにし、長野県など
に捨てたという。飲食店経営失踪事件そのものは3年前のことで、この度3人が殺人容疑
で逮捕されたわけだが、遺体はまだ発見されてはいない。
 殺害して1年ほど後、遺体をハンマーのようなもので砕き、バーベキューコンロで焼く
などし、長野県内の山中などに遺棄したとされるのだが、さらに「バラバラにした遺体を
カレーで煮た」とうち一人が供述したという。
 カレーで煮たのは匂いを消すためだという。衝撃そのものだが、ちょっと違うような気
がする「煮たカレーをかけた」というのだと思う。砕いてバラバラにし、焼くこと自体が
異常なのでそれ以上のことがあっても不思議ではないが、やはり煮たのかなぁ。

2012年10月2日(火)
亡くなった少女は前にTV に映っていた

 わが子を殺したとして母親(28)が逮捕された。今日も全国ニュース報道が続く。地元の
広島県府中町のことだから広島ではより詳しい。
 えっっ、亡くなった小5の唯真ちゃん(11)は、なんと!3カ月前のサッカーイベントで
JNNのインタビューを受け、亡くなる2日前にTV放映されていたという。元気にイン
タビューに答える笑顔のかわいい女の子。そして、赤い帽子をかぶり先頭を切って校庭を
全力疾走する様子が…。(直接見てはいないのだが、後からネット映像で見た)
 活発な少女で、「素直で優しく、話しかけてみたらすぐ友達になれた」と同級生が語る
のが報道で見られたが、「ゆうことを聞かない。しつけのつもりで練習用ゴルフクラブで
殴った」という。どうやらこれ以前にも暴行を受けた痕跡があるともいう。
 唯真(ユマ)ちゃんは、以前に母親だけでなく祖母からも虐待を受けているとして、一時
児童養護施設に保護され、1年9か月ほどを過ごした。「母親と暮らしたい」という本人
の意向もあり、「家族関係が修復できた」として県は去年3月、府中町に対し保護措置を
解除している。(県、施設、学校、この間の不完全な連携が、今後も問題になるだろう)
 そんな母親でも「一緒にいたい」という…唯真ちゃんの気持ちが悲しい。

2012年10月3日(水)
シェールオイルの採取に成功というが

 新しいエネルギー資源となるシェールオイルが日本で初めて採取された。秋田県にある
石油資源開発の鮎川油ガス田の地下およそ1800mの岩盤から採取されたもので、技術的に
困難とされていたことを酸や水などを注入することで成功。しかし、実用化までには課題
が残るという。アメリカでは既に採取する技術が採算的にも軌道に乗っているとも。
 えっ?「シェールオイル」ってなんだ?「オイルシェール」とか「シェールガス」なら
ちょっとだけ知っているが…。こういう時はすぐウィキペディアで調べる。
 だがそのウィキペディアでも「シェールオイル」という記述は、早速今回のことが書か
れて『2012年10月日本においても(中略)シェールオイルの試験採取に成功した』とあ
り、ここだけ「シェールオイル」となっていて、他の部分には全く無い。
 さらに読んでゆくと、また疑問が出てきた。「アメリカでは既に採算的にも成功してい
る」とのことだったが、オイルシェールを工業的に利用しているのはブラジル、中国、エ
ストニアの他に、ドイツ、イスラエル、ロシアで若干利用されている旨が記されていて、
アメリカのことはどこにも出てこない。
 どうも「シェールオイル」「オイルシェール」は「カレーライス」か「ライスカレー」
かというのとは違う気がしてきた。いろいろ調べたが、やはり不明だが、思うに「オイル
シェール」はシェール(頁岩=けつがん)と呼ばれるオイル=原油を含んだ“岩石”。それ
に対し、「シェールオイル」はその岩石から取り出した“原油”のことだろうと。
 天然ガスなどの資源の大半を輸入に頼っている日本では資源国から足元を見られて高い
値段を吹きかけているらしい。このシェールオイルが工業化されれば、たとえ採算が取れ
なくても、足元をみられずにすむので、価格交渉が有利になるのだそうだ。

2012年10月4日(木)
バチカンの、大聖堂の、屋根の、上で

 バチカンのサンピエトロ大聖堂のドーム状の屋根に男が登り、「助けてくれ。モンティ
はもうたくさんだ」と、イタリアのモンティ首相の経済改革に抗議した垂れ幕を下した。
幕には細かくは英語で「HELP」と書いた後はイタリア語で「モンティにも欧州にもうんざ
りだ。これが成長と呼べるのか。社会的な殺りくじゃないか!」となっていたようだ。男
はなんと!携帯電話を持参で、新聞社の取材にも応じていた。
 えっ!!24時間以上も経ってやっと降りてきたって。狭いところに長くいると“何とか症”
という体の自由が効かなくなる病気になるんじゃなかったっけ。まさか大聖堂の屋根で、
用足しはしなかったろうな?ヤァね。場所もわきまえず、異常が過ぎる。
もし…わしが警察なら
「助けられん。あんたなんかもうたくさんだ」と書いた大きなシートを広場に広げる。
もし…わしが大塚製薬なら
「こんな長丁場なときにはカロリーメイトが重宝です」とコマーシャルを流す。
もし…わしがテレビ局なら
「いつ降りてくるんだ? こっちは始めと終わりだけ流したいんだ」とケイタイを入れる。
もし…わしが消防なら
古い救急車を1台置いて、エンジンを切って待つ。隊員はストレッチャーで仮眠させる。
もし…わしが観光客なら
「誰も助けに行かないのはなぜ?HELPってイタリア語でどういう意味?」と聞いてみる。
もし…わしの母親なら
「そがな神聖なとこで そがぁなことぉしたら バチカン当たるど」と言うだろう。

2012年10月5日(金)
廿日市女子高生殺害事件、今日で8年

 廿日市女子高生、当時高校2年の北口聡美さん(17)が自宅の離れで仮眠をとっていた時、
侵入してきた男に刃物で左胸ほかを刺され、出血多量で死亡。事件は今もって未解決。
 今日の新聞に「元同級生巡査、解決へ力」の見出しで、聡美さんと同級生だった巡査の
ことが載った。今、警察官として殺害現場の交番勤務となり、捜査の直接の担当ではない
ものの、事件解決の情報収集に力を入れて活動しているという。
 えーっもう6年も経つのか。毎年、情報の提供を呼びかけた記事を見る。自らも刺され
て重症だった祖母の証言で描かれた似顔絵が公開されている。髪の毛を逆立てた男の顔は
誰の目にも特徴のある顔にうつる。だが、全く情報が無く迷宮入りの様相を呈している。
 未解決事件で思いつく一番は11年前、岡山県との県境に近い山間の世羅町で、一家3人
と犬までも含めこつぜんと消えた失踪事件。謎が多く「神隠し」とさえ言われている。
 次いで3年前の2009年に浜田市で起きた浜田女子学生遺棄事件で、島根県立大1年生が
バラバラ死体で発見されたもの。殺された現場は広島ではなさそうだが、遺体の一部が、
県北の北広島町の臥龍山で見つかっている。